Meglog*

30歳を目前に控えた女の生き方を考えるブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
親不孝者
★人気ブログランキング★

今日は母親とデートの予定だったけど
就職活動でまた躓いて凹んでキャンセル
とても外出る気分じゃなかった

やっぱり母親なんだなー
心配してわざわざ会いにきてくれた

そこで衝撃の事実が発覚
母親が情緒不安定で精神安定剤をもらってるという

いつも明るくて毅然として
どんなときも私を励ましてくれて
いくつになっても母の前では甘えん坊になってしまって
母の偉大さと愛情を当然のように受けていたけど

精神安定剤を飲まなくてはいけないほど苦しんでいたとは・・・

早々に結婚して家を出てしまったから
思ったよりも早く母を独りにしてしまったわけだけど
こんなにも孤独と戦い将来に不安を抱え
眠れなくなるほど辛い思いをしてるなんて想像もしなかった

 独りも気楽でいいよ
 色々忙しくて寂しいなんて思う暇ない

なんていつも言ってたのに


お母さんごめんね
気づいてあげられなくて
ほんとごめんなさい

わたしね、お母さんの娘で本当に良かったと心から思うの
女手ひとつでここまで立派に育ててくれてさ
どんなに言葉を尽くしても足りないよね

だから、お母さんには誰よりも幸せになってほしいのに
わたしは何もしてあげられてない
何て親不孝な娘だろう

お母さんを幸せにしてあげられるように
わたし頑張るから
一生懸命頑張るから

お母さんも頑張ってね
一緒に幸せになろうね

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
そっか。
ショックだったね。

でも、お母さんも、それで自分を責めたりしているメグリンを見たくないと思うし、
こうやって親や周りの人達のことを見つめ直すキッカケにして
メグリンが強く大きくなっていってくれたら力になれるんじゃないかな?

嫌なことって、生きてくうえで沢山あるけど
今はそういう時なんだ~って、傍観して気楽に捉えてみるのもヒトツだと思うよ^^
そしたら、何か見えるものもあるかもしれないしね~!なぁんてノリで・・・

皆で幸せになろうね☆
2006/02/10(金) 20:53:41 | URL | nao fish [ EDIT]
うちの母も今一人暮らしだからこの文章をみてすごく考えさせられました・・・。

母も、やっぱり一人が気楽って笑ってたけど
2階にベッドがぽつんとひとつ・・・
やっぱり誰だってさみしいよ・・・
さみしいはずなんだ。。。

だからたくさんたくさん、ママに会いに行ってあげてね。
子供から親への愛情って、親から子への愛情にはまったく及ばないんだって。
親(母親って言ったほうがいいかな)は子を忘れることはないけど、子は親を忘れることが出来るんだよ。
だから、こうしてたまに姿勢を正して、親孝行しなくちゃいけないんだよね。

「ママを幸せにしようね!」
これってうちの姉妹の標語でもありました!
こんな娘たちがたくさんいる世の中、まだまだ捨てたものじゃないと思うゆたぽんです。

2006/02/11(土) 01:28:00 | URL | ゆたぽん [ EDIT]
めぐたんも知っての通り、私の母も似たような環境にいるので、このブログを読んで、なんだか涙が溢れてきました。

30歳過ぎても親に甘え、多分これからも甘えつづけていくんだとおもうけど、たまに会う母親に白髪が増えていたり、痩せていたりするとなんだかジーンと胸に込み上げるものがある。親の子とはいつも心の中で考えてるし、自分なりに親孝行してきたつもりだけど、もっともっと親孝行していこうと思いました。

一緒に幸せになろう!!
そして、親に喜んでもらえように、一生懸命生きましょう!!

書きたいことはまだあるんだけど、公共の場で泣きながら書いていて、周りの目が気になりだしたのでこの辺で。笑
(このー、泣かせやがって!!)
2006/02/12(日) 02:51:17 | URL | あやぱん [ EDIT]
>nao fishさん
自分を責めるっていうか、いい歳して結局まだ何にも恩返しできてないなぁ~ってさ。
結局のところ、親に心配かけないで元気に暮らすことが一番の親孝行なのかも。
naoさんのお母さんも元気かな?寂しい思いしてないかな??

>ゆたぽんさん
ゆたぽん家はみんな娘だからママも寂しくないかもしれないですね~
娘の方が嫁に行くけどしょっちゅう実家に帰ってくるし(笑)
親は子を忘れることはないって、その通りですね~
辛いとか弱音吐くと、自分のこと以上に心配したり励ましてくれるし・・有難いなぁと。
離れてみて改めてわかる親子の絆ですね。

>あやぱんさん
さきほどはわざわざお電話ありがとうございました!
泣きそうでしたけどこらえました・・・
母とは親子であり姉妹のような関係で生きてきたせいか、お互い異常に涙もろく精神的に弱いところが似てるなぁと改めて(笑)
これまで苦労した分、今度は母が幸せになる番なんだと、ふたりで誓い合いました。
そのためにはわたしががんばらないと!
あやさんのママにも電話してあげてくださいね!(言われなくてもしてるって(笑))

あ、それから、旦那が電話に最初出たとき無愛想でしたか?すいません・・・^^;
2006/02/13(月) 00:46:23 | URL | めぐりん [ EDIT]
うちは一応元気だよ。もともと体も細くて強くないので、元気って言うか?という感じだけど。
特にこの半年は良く帰ってたよ。
一人になってからは月に1~2回はコンスタントに帰ってるし、メールはいつも交わしているのがせめてもの親孝行かな。
ま、帰るのは、自分も帰りたいからなんだけど!!!( ̄∇ ̄ )

私も、めぐりんの言うように、元気に楽しく暮らすのが一番の親孝行だと思ってるよ。
そしてその様子を伝えてあげることかな。
2006/02/13(月) 11:05:28 | URL | nao fish [ EDIT]
前にも話したけど、自分が思っている以上に心身ともに親の老化(?)が進んでいて、
切々と感じる何かがあります。

嫁に行っても、母親の一番の茶飲み友達は自分であり続けたいと思いつつ、
日常に追われて見過ごしている母の思いが沢山あるような気がする。
何気ない電話ひとつに母からのシグナルが隠れているんじゃないかと。

ダーリンとつなぐ手。
逆の手には、母の手。
あったかい人間でありたいね。
2006/02/13(月) 12:33:50 | URL | きくりん [ EDIT]
>naoさん
離れて暮らす子が親にできることは、ちょくちょく顔を見せに帰ることくらいしかないよね・・・
だから旦那実家にもできるだけ休みのときは帰るようにしてるんだよね。
naoさんのお母さんも元気ならナニヨリ!(≧∇≦)

>きくりんさん
そうそう、母親とは特に生涯の良き茶のみ友達でありたいよね~!
娘産んでよかったなぁって思ってもらいたいもん。
自分が忙しいと母親のこと、旦那親のことも忘れがちになってしまうからいかんね。
いつでもどんなときでも必要以上に気遣ってあげないといけない歳だよね・・・
昨日電話で母親が、「元気になった~?」だって!
おまえ~!それはこっちのセリフだ!笑
2006/02/13(月) 21:54:11 | URL | めぐりん [ EDIT]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。