Meglog*

30歳を目前に控えた女の生き方を考えるブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
食育のススメ
えー、本日のメニュー。

-生姜と蓮根の炊き込みごはん
-ハンバーグ&きのこソテー
-なめこと豆腐のお味噌汁

どうも私、公の場ではチャラチャラしてる風に見えるらしく、料理するなんて言うとめちゃくちゃ驚かれます・・・。
前の職場で仲良かった若者達は、
口を揃えて意外だ意外だを連発。
てやんでィ。

失礼な話ですよ全く。
細木和子だって料理するんだから。
わたしだって料理くらいしますよ。
はい、確かに結婚する前まで料理なんてほとんどしませんでした。
家のことはぜーーんぶ親任せ。わっはっは。
当然のように何もかもやってもらってたけど、自立して初めてわかる親の有難さ・・・(涙)

こうやって自分が料理するようになったのも、いつでもどんなときでも仕事が忙しくても、出来合いのものなんかじゃない、愛情たっぷりの手作り料理を食べさせてくれた母親のおかげ。
たまに手伝う程度だったのに、いつの間にかレシピが身についてるから不思議ー。
まさに『食育』ってやつですか。

だからね、思うんです。
母親がそうしてくれたように、自分も旦那や子供にはできるだけ手料理を食べさせてあげたいと。

やっぱ家で食べるごはんが一番うまい!って言われてナンボですよ。

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
すごいー!
私どっかに食べに行った写真かと思ったよ。
うまそう・・・。いいな。
旦那になりたい!
2005/10/18(火) 15:51:35 | URL | nao fish [ EDIT]
ほんと、うまそう~。

うちは、コンビニ弁当の方がうまいと思われてるよ。たぶん。
だって旦那さんは、夕食の献立聞いて帰宅時間考えるくらいだからね・・・。泣

私も、ママから作ってもらった美味しい食事を食べて成長してきたのに、どうしてこうも違うのかしら。
2005/10/18(火) 17:27:00 | URL | だいコロママ [ EDIT]
親のありがたみ感じるよねー。
最近しみじみ思う。

写真に写ってないけど生姜と蓮根の炊き込みごはん気になる~。蓮根好きなの。今度作り方教えてねー。
2005/10/18(火) 23:23:09 | URL | ptomo [ EDIT]
私も27歳で結婚するまで味噌汁ひとつ作れなかった!!牛肉が高いことすら知らなかった・・・笑(いや恥?)

でもほんと教えてもらわなくたって
なぜだか母の味に似るんだよね。
なんでだろうね・・・

関係ないけど、うちの母のご飯、といったら絶品混ぜご飯。(妹も口をそろえてこう言う)
私も、いつか彩が自信をもって「ママのご飯といったらコレ!」っていえるものを作らないとな~~がんばろ!
2005/10/19(水) 10:17:43 | URL | ゆたぽん [ EDIT]
>nao fishさん
この日たまたまなぜか、nao fishさんが「ピーマンの肉詰めをよく作る」って言ってたの思い出したのね。で、それにしよう!と思ってピーマン買いに行ったんだけど、高くてやめた・・・(^^;
きのこたちがオール97円だったので、そっちに変更。あはは。
nao fishさんのピーマンの肉詰めも早く食べさせてくれ!

>だいコロママさん
やめて~!噴出しちゃったよー 笑
だいコロママはそうでなくちゃ!(え?)
コンビニ弁当も最近おいしいからねー。(そういう問題じゃねぇって 笑)
やっぱりセブンがダントツよ。

>ptomoさん
そうなのー。どっちかって言うとごはんの方がウマかった!
今度我が家にご招待したときにでもまた作るね!超絶品だったから。まぢで。
ptomoさんの手料理も食べたいよー。
(いつご馳走してもらえるかな~♪)

>ゆたぽんさん
いやー、でもそうですよ。スーパー行ったって、どの食材が高くてどの時期に安いのかなんて気にしたことなかったですもん。
でもやっぱり家計を握るとなると、1円でも2円でも安くて良いものを買うようになりますよね・・・(^^;
その絶品混ぜごはんのレシピ、教えてください!ブログにUPして~!
2005/10/19(水) 11:50:41 | URL | めぐりん [ EDIT]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。