Meglog*

30歳を目前に控えた女の生き方を考えるブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
いい日旅立ち
本日。最愛の人が嫁いでゆきました。

娘を嫁にやる親の気持ちってこんなのなんかなー。
ずっと自分だけのものだと思っていたのに、突然別の人に取られてしまうような。
ほんとに嬉しくて涙止まらないんだけど、本当はちょっぴり寂しくもあるような。

今思うと、すでに自分が結婚して家庭を持っているからこそ、素直に自然に受け入れられたんだろうな。
まだ一緒に暮らしていたらこの現実にかなり戸惑ってたと思う。
最近になって思うけど、きっと子供たちがそういう気持ちになるまで実は時期を待っていたんじゃないかと思うくらい。
どこまでも子供想いのやつめ。憎いぜ。


考えてみれば母子にとって、これまでの道のりは決して楽だったとは言えないね。

でも物心ついた頃から父は単身赴任だったし、それが別居だろうが離婚だろうが、
父親の居ない生活というのは、至極当たり前のように受け入れていて、
父親の居ない生活というのも、それはそれですごく楽しかったんだ。

決してそれがコンプレックスじゃなかったといえば嘘になるけど、
そこにはいつも母の温かい愛情を感じたし、むしろいつも明るくて誰からも愛されキャラの母が自慢だった。

夫婦喧嘩して隠れるように泣いた夜も、毎日借金取りに怯えてた日々も、すべてに心細くて2人で泣いたときも、学校でイジメられて泣いて帰ってきても、隠れてタバコ吸ったときも、就職活動がうまくいかなくて凹んでる時も、離婚して独りになっても。

いつも、
どんなときも、
気丈に振る舞い、
笑顔を絶やすことなく、
見事なまでに最高の母親でした。


この歳になるまで立派に育ててくれたこと

たくさんたくさん愛情を注いでくれたこと

本当に心から感謝しています

辛いこと苦しいことたくさんあったけど

これからはもう独りで泣かなくていいよ

お母さんには十分過ぎるくらい幸せをもらったから

これからは自分の幸せだけを考えて生きていってね

最期にはきっと最高の人生だったと笑えますように


続きを読む...
スポンサーサイト
憧れはママの味 
あわよくば子供無しでジジババになるまでDINKS贅沢暮らし

結婚してからというもの、この思いは心の片隅にずーっとあって、
生涯変わらず、この思いを抱えながら子供産むんだろうと思ってた。



しかーし!
キテますキテます!
最近明らかな心境の変化!予想GUYデス!
気がつけば買ってしまったCREA最新号 →


子供を産めないのは、経済的理由だとか、生活レベルを下げたくないとか、
なんだかんだと外的要因を無理矢理見つけ出しては何度も言い訳してきたけど、
結局南極、自分の中で親になることへの決定的な想いが見つからなかっただけなんだ。

この気持ちの変化にぶっちゃけとても驚いていて、
自分がこんな風にして子供が欲しいと思えるようになるとは。

愛子さまの初めての運動会、応援する皇太子&雅子さまのあの嬉しそうな笑顔!
あんなに顔をくしゃくしゃにして笑うところを初めて見たかも。
人間らしくてすごく良かった。ますます皇太子好感度UP。
子供ってこんなにも笑顔を与えてくれる存在なんだ、すごい。

愛する夫と愛する子供が傍にいてくれたら、それ以上何も要らないなー、きっと。

子供ができた途端、老け込んだり夫婦仲が悪くなるようじゃ意味がない。
ママになってもいつまでも女として美しく艶やかでなくてはいけない。
パパになってもいつまでも男として格好良く上品でちょい不良がいい。

それでいて自然体で常にニュートラル。
そんな家族になれたらいいな。


まだ見ぬベイビーへ

待っててね
パパとママがもうすぐ迎えに行くから


Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。