Meglog*

30歳を目前に控えた女の生き方を考えるブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
いい日旅立ち
本日。最愛の人が嫁いでゆきました。

娘を嫁にやる親の気持ちってこんなのなんかなー。
ずっと自分だけのものだと思っていたのに、突然別の人に取られてしまうような。
ほんとに嬉しくて涙止まらないんだけど、本当はちょっぴり寂しくもあるような。

今思うと、すでに自分が結婚して家庭を持っているからこそ、素直に自然に受け入れられたんだろうな。
まだ一緒に暮らしていたらこの現実にかなり戸惑ってたと思う。
最近になって思うけど、きっと子供たちがそういう気持ちになるまで実は時期を待っていたんじゃないかと思うくらい。
どこまでも子供想いのやつめ。憎いぜ。


考えてみれば母子にとって、これまでの道のりは決して楽だったとは言えないね。

でも物心ついた頃から父は単身赴任だったし、それが別居だろうが離婚だろうが、
父親の居ない生活というのは、至極当たり前のように受け入れていて、
父親の居ない生活というのも、それはそれですごく楽しかったんだ。

決してそれがコンプレックスじゃなかったといえば嘘になるけど、
そこにはいつも母の温かい愛情を感じたし、むしろいつも明るくて誰からも愛されキャラの母が自慢だった。

夫婦喧嘩して隠れるように泣いた夜も、毎日借金取りに怯えてた日々も、すべてに心細くて2人で泣いたときも、学校でイジメられて泣いて帰ってきても、隠れてタバコ吸ったときも、就職活動がうまくいかなくて凹んでる時も、離婚して独りになっても。

いつも、
どんなときも、
気丈に振る舞い、
笑顔を絶やすことなく、
見事なまでに最高の母親でした。


この歳になるまで立派に育ててくれたこと

たくさんたくさん愛情を注いでくれたこと

本当に心から感謝しています

辛いこと苦しいことたくさんあったけど

これからはもう独りで泣かなくていいよ

お母さんには十分過ぎるくらい幸せをもらったから

これからは自分の幸せだけを考えて生きていってね

最期にはきっと最高の人生だったと笑えますように


続きを読む...
スポンサーサイト
親友に捧げるバラード
★人気ブログランキング★

11272166403511811.jpg

今年初の新年会@豆腐料理店


メンツは高校2年のときに同じクラスメイトになってから
かれこれ10年以上もの長い付き合いになる大親友、
その名も「食道楽」仲間たち!

確かにあの頃はとにかくいつも食ってた。
授業中、放課後、ところかまわず食ってた。
プリングルス全味を制覇して、食べ終わった缶を
ロッカーの上に並べて誇らしげに生きてた。(マテ)

会うたびに思うのは、あの頃と何一つ変わらないということ。

久し振りに会っても一瞬にしてあの頃に戻れちゃう。
当たり前か、親友だもんな。

唯一変わったことと言えば。

-これから新天地で彼と一緒に夢を追うという彼女
-やっと運命の仕事に巡り会えたという彼女
-育児奮闘しつつもかわいい息子相手に幸せそうな彼女
-仕事と家庭の両立について真剣に考えている彼女
-セレブなのに憎めないキャラで恋愛真っ最中の彼女

それぞれがそれぞれの10年という道を歩み、
同じような悩みを抱え苦しみ時に立ち止まり、
たくさん泣いて笑ってさらにさらに美しくなった!

こんな友達がいて、本当に本当に幸せだと思う。


おばあちゃんになっても

どうかその手を離さないでね

いつまでも泣いたり笑ったり

あの頃と変わらず仲良しで

それぞれが心から幸せに

生きていけるように祈っています

お義母さんへ
★人気ブログランキング★

プー太郎生活もあっという間に3ヶ月目に突入・・・
この3ヶ月を振り返って思うことは、
何もしないことってこんなに辛かったっけ。

こんなに長く休めるなんてもうこの先しばらくないんだと思って、
今やれるべきことを探したり無理矢理のんびりしてみたりするけど、
やっぱりなんとなく落ち着かない。
"ゆっくり"なんて気持ちに到底なれない。

仕事なんてほんと腐るほどあるんだよ、選ばなければ。
わかってますそんなことは。
でも選びたい。妥協したくない。

落ち込んでばかりはいられないと必死で上を向いて歩いても、
先の見えない不安に押しつぶされそうで毎晩胸が苦しくなる。

・・・こんな生活がいつまで続くんだろう


そんなときにふと、旦那のお母さんの声。

「めぐちゃん、そんなにがんばらなくてもいいじゃない」
 
電話口から聞こえるその優しい声に、
抑えていた感情が溶け出すように涙が溢れて止まらなかった。

ああ、私はこんな言葉を待ってたのかもしれない。

結婚して5年も経つのに、子供も作らないで仕事を優先させる嫁に、
きっと言いたいことが山ほどあるだろうに、
きっと誰よりも孫の顔が見たいと思ってるのに、
そんな素振りを全く見せず、どんなときも私を応援してくれるお義母さん。
肩の力がスーッと抜けるような、それはそれは温かい言葉だった。



いつも心配ばかりかけてすみません

孫の顔も見せてやれなくてすみません

息子の自慢の嫁だと思ってもらえるように

もう少し、がんばってみてもいいですか

もう少しだけ、見守っててください

かなりの幸せ者です、自分。
BGMは 『トモダチ』 by ケツメイシ

たくさん温かい言葉をかけてもらって
本当に自分は幸せ者だなと改めて。

そしてますます、情けねぇなぁとも思ったりして(←しつこい)

ほんッとイライラするわー自分に
しばらくウジウジ子に名前変えます

えー、ウジ子は今日、お友達とごはん食べてきました
                 @お茶の水→

やっぱ愛すべきは"友"だなぁ
こういうときのためにいるんですわ


続きを読む...
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。